お酒が好きなら割る水にこだわる|便利なウォーターサーバー活用術指南所 > 梅酒のおいしい作り方は?水割り・ロック・ソーダ割り・お湯割り?適度なアルコール度数をご紹介!

梅酒のおいしい作り方は?水割り・ロック・ソーダ割り・お湯割り?適度なアルコール度数をご紹介!

梅酒をおいしく飲むにはいろいろなパターンがあります。オーソドックスなものではそのままロックにして飲んでみたり、若者や女性に人気がある作り方ではソーダ割りなどもあげられるでしょう。その日の気分によっていろいろな飲み方をすることができたり、自宅で毎年作っている人もいます。中には30年ものや50年ものを所有している人もいて濃厚な味わいを楽しむことができます。

自分でお酒の強さをアレンジすることができます

梅酒

ロックは何かと割ったりしないのでアルコール度数が高く、お酒の強い人に好かれている飲み方です。

梅の風味が濃く出ていて、大きめの氷を使うと良いでしょう。グラスに氷を入れて氷をつたうように梅酒を注いでいきます。

ロックを作る時は一般的な冷蔵庫で作る氷だと少しサイズが小さいので、大き目の氷を購入したり他の容器を利用して氷を作ることをおすすめします。

水割りは梅酒の味が薄まった感じがし、お酒が強くない人に向いています。水割りの作り方はグラスに大き目の氷を先に入れておいて原液を加えましょう。原液をグラスに注ぎ、比率は梅酒が6で水が4が美味しいと言われています。時間が経つと水割りが薄まるので濃い目の方が良い人は比率をアレンジすると良いでしょう。

梅酒のお湯割り

お湯割りの場合はお湯と梅酒を注ぐ順番がポイントで、先にお湯をコップに注ぎ後で梅酒を注ぎます。おいしい比率は1:1ですが、アルコールの強さやお好みによってアレンジすることが可能です。お湯割りの作り方で注意することはお湯の温度は高過ぎない方がおいしい味を作ることができます。あまりお湯の温度が高過ぎるとアルコールが揮発し風味などが飛んでしまうからです。口をグラスに付けた際に揮発したアルコールなどが鼻につくこともあり注意しましょう。

お湯割りは冬場の寒い季節に人気があり、体を温めることもできるので幅広い世代の人が飲んでいます。おすすめは70度前後のお湯で、自分なりにアレンジすることができるので便利です。中に梅を買ってきて自宅でつけている人もいて、長年つけこんだものを毎晩飲んでいる人もいます。

最近女性の人気が高くいろいろな飲み方があります

炭酸水

梅酒をソーダ割りで飲むとさっぱりした味なのでとてもおいしいです。

ソーダで割る際に砂糖入りソーダを使っても良いですが、できるだけ砂糖抜きの炭酸水が良いでしょう。

梅酒は糖分がわりと多いのでさらに甘さをプラスすると独特のおいしさが減ってしまったり、ダイエットにも影響がでるかもしれません。

お酒を割る用に使用する炭酸水がおすすめで、梅酒は市販の物でも良いですが自分で作ることも可能です。梅が売られている季節になったら購入して、自分でお酒と一緒に漬けてみても良いでしょう。漬ける時のポイントや分量などを書いた本やサイトがあるので便利です。漬け終わった後の実を再利用することができ、いろいろな楽しむ方を行うことができます。

最も梅酒の味が分かるのはロックですが、アルコール度数はだいたい20~25度になります。

アルコール度数が気になるならサイダー割りにしたり牛乳割りがおすすめです。基本的に梅酒を合わせる場合は他の飲み物の比率は1:1にしておき、カクテルにすることができます。

自分の好みに合った味を楽しむことができ、カクテルになるとアルコール度数はだいたい10~20度です。自家製の梅酒の場合はだいたい20度ですが、居酒屋の場合は10~15度ぐらいでしょう。

牛乳

アルコールの弱い人におすすめなのが特に牛乳割りがおすすめで、牛乳を6にして梅酒を4して注ぐとおいしく味わうことができます。

梅酒はおいしいことはもちろん体に良いお酒で、いろいろな飲み方を試して楽しむことが可能です。自分に合うお酒の濃さで楽しく飲むことにして、四季の味を楽しむことができるでしょう。